サイエンスゲーツ

サイエンスゲーツとは?

子どもが理科や科学を好きになり、
知識だけでなく課題の
発見、探求、解決する力を育成します。

サイエンスゲーツは、身近な科学現象をテーマにした様々な科学体験を通して、
子どもが理科や科学を好きになり、好奇心や探求心を育むことができる科学実験教室です。
子供たちには、研究者になっていただきます。研究者が着る白衣を着て、児童用安全眼鏡をかけて、実験をやっていただきます。
STEAM教育と呼ばれる理数学習に対しての興味を引き出し、
将来の受験や社会に出た時に必要となる実社会での課題解決力に活かすことを目指します。
身近にあるものをテーマにして「物理学」「化学」「生物学」「地学」「工学」などの分野を幅広く体験することで、
自分の関心のある分野を見つけられるカリキュラムになっています。
 

STEAM教育の必要性

STEAM教育とは、Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育」に、 さらにArts(教養/創造性)を統合し、各教科での学習を実社会での課題解決に生かしていくための教科横断的な教育手法を総称した言葉です。
21世紀に入りますます科学技術が発展する社会では、それを支える次世代の人材育成という点から、 理数系教育・技術教育がさらに重要となってきます。世界的にも「STEAM教育」と呼ばれる、理科系の分野を複合的に育む取り組みが進んでいます。
STEAM教育には、「自分で学び、自分で理解していくこと」が根底にあります。サイエンスゲーツではSTEAM教育の考え方を取り入れ、知識だけではなく様々な体験から子どもたちの主体性を育みます。

サイエンスゲーツで育みたいチカラ

  • 論理的思考力

    ものごとを順序だてて理解することにより、論理的思考力が育まれます。

  • 集中力

    「楽しいこと」「好きなこと」に時間を忘れて没頭し長時間集中する力を高めます。

  • 探究力

    実験の中で疑問に対し工夫を繰り返しながら探究するクリエイティブマインドを養います。

  • 考察力

    実験結果の観察から、科学的に物事を明らかにするために考え抜く力が身につきます。

  • 協働と学びあい

    実験を通して、仲間と協力して行う作業や考え合う取り組みから深い学びが導かれます。

  • 仮説を立てる力

    身のまわりの現象と実験での現象を関連づけることで、自ら結果の予想を立てる力を育みます。

仮説・実験・結果・考察を繰り返す探究型学習と、
発見したことを自然と教えあう協同的な学び。

サイエンスゲーツの学習シナリオは、
お子様の主体性・探求心を育むための工夫がたくさん。
 
  • 映像
     
    映像
  • 仮説
     
    仮説
  • 実験
     
    実験
  • 結果
     
    結果
  • 考察
     
    考察
  • 振り返り
     
    振り返り

実験で確かめた科学の力が、身近なところではどんなところで使われているのか。
視野を広げて、さらなる好奇心をかきたてます。

カリキュラム・コース紹介

サイエンスゲーツで育みたいチカラ

  • 論理的思考力

    ものごとを順序だてて理解することにより、論理的思考力が育まれます。

  • 集中力

    「楽しいこと」「好きなこと」に時間を忘れて没頭し長時間集中する力を高めます。

  • 探究力

    実験の中で疑問に対し工夫を繰り返しながら探究するクリエイティブマインドを養います。

  • 考察力

    実験結果の観察から、科学的に物事を明らかにするために考え抜く力が身につきます。

  • 協働と学びあい

    実験を通して、仲間と協力して行う作業や考え合う取り組みから深い学びが導かれます。

  • 仮説を立てる力

    身のまわりの現象と実験での現象を関連づけることで、自ら結果の予想を立てる力を育みます。

カリキュラム特徴

毎月設定されたテーマに沿って、
「物理学」「化学」「生物学」「地学」「工学」などの分野を横断して幅広く体験できるカリキュラムです。
  • 高学年で触れる内容も、<br>体験から学ぶから自然と身につく
    高学年で触れる内容も、
    体験から学ぶから自然と身につく
    毎月の学習テーマは、小学校低学年から高学年までの教科書に取り上げられる内容から選定しています。身のまわりの現象を題材にして体験から学ぶことで、興味を持ちやすくなり自然と学びが身につきます。
  • 映像教材があるから<br>目に見えない科学の世界も理解しやすい
    映像教材があるから
    目に見えない科学の世界も理解しやすい
    独自の映像教材を使用しており、お子さまと等身大のキャラクターが科学の世界に興味や疑問を持ちながら学び理解していくストーリーとなっています。目に見えない科学の世界も映像で見ることで理解がしやすくなります。
  • 仮説→実験→結果→考察のステップを<br>繰り返すことで 論理的思考が習慣づけられる
    仮説→実験→結果→考察のステップを
    繰り返すことで 論理的思考が習慣づけられる
    サイエンスゲーツの実験は、すべて「仮説(予想)→実験 →結果→考察(ふりかえり)」の流れで構成されています。実験を通じてこの「4つの基本ステップ」を繰り返すことで、論理的思考が習慣づけられます。
  • 授業の内容と日常生活をつなぐコラムが<br>応用する力を育む
    授業の内容と日常生活をつなぐコラムが
    応用する力を育む
    テキストには、実験の内容が日常生活へどのように応用されているかを分かりやすく紹介するコラムがあります。SDGsやノーベル賞などの最新の科学研究を取り上げながら身近なものと最新のテクノロジーをつなぐ内容になっており、学んだことを日常に応用する力を育みます。

12ヶ月テーマ

3年間の実験は150種類以上!
毎月のテーマに沿って、小学校から中学校まで学習範囲を横断した学年にとらわれないカリキュラム。
毎回、新たな発見と学びを体験できます。
  • 食塩
    顕微鏡を使って、食塩の結晶の観察に挑戦してみよう
  • 植物
    野菜カードや種モデルを作って、植物の成長を学ぼう
  • 光
    鏡やライトを使って、光の性質を体験しよう
  • 宇宙
    ねんどを使って太陽系モデルを作り、宇宙のスケールを体験しよう
  • 酸とアルカリ
    植物の色素を使って、酸とアルカリの色の変化を体験しよう
  • 動物
    動物カードや昆虫モデルを作りながら、動物の特徴を学ぼう
  • 空気
    風船や空気砲を使って、空気のおもさや力を体験しよう
  • 電気・電池
    自分の作った回路で試行錯誤しながら、電気の通り方を学ぼう
  • 磁石
    磁石を使ったボードゲームを作って、磁石の性質を探究しよう
  • 楽器
    楽器や糸電話を作って、音を出す・伝えるを体験してみよう
  • 地球と生命
    木のモデル作りやろ過を通して、自然のしくみを学ぼう
  • 水
    いろいろな素材を使って、水にうく・しずむ、水に溶けるを体験しよう

コース詳細

    初級コース
    (初級コースからの入学となります)
    対象:5歳から小学校3年生くらい
    目標 驚き、発見する楽しさとともに科学現象の基本を自然と理解することを目指します。
    授業内容 クイズから始まり、実験では〃覯未陵汁曄↓⊆存魁↓7覯漫↓い佞蠅えりのステップを踏む構成になっています。結果のまとめは選択式の問題でわかりやすく設計されています。
    中級コース
    対象:初級コースの受講を終了した方
    目標 科学現象の理解から、結果をまとめる力と考察力を高めます。
    授業内容 クイズから始まり、実験では〃覯未陵汁曄↓⊆存魁↓7覯漫↓い佞蠅えりのステップを踏む構成になっています。結果のまとめは選択式や穴埋め式の設問に取り組みながら理解できるよう設計されています。
    上級コース
    対象:中級コースの受講を終了した方
    目標 最新技術にも触れながら、仮説を立てる力を高めます。
    授業内容 実験では〃覯未陵汁曄↓⊆存魁↓7覯漫↓い佞蠅えりのステップを踏む構成になっています。一つ一つのステップを時間をかけて取り組めるような内容になっています。結果のまとめは、選択式や穴埋めだけでなく、記述式も取り入れ、内容をまとめたり、表現することにも挑戦してもらいます。

教材費用と受講料

    費用 入会時のみ
    入学金 11,000円(税込)
    初期セット(白衣・児童用安全メガネ・ハンディ顕微鏡・オリジナルバッグなど) 8,800円(税込)
    月額
    授業料・材料費(テキスト代込) 13,000円(税込)
    授業回数 90分×月2回

アドバイザー紹介

樋口先生プロフィール

樋口先生プロフィール
樋口雅一先生
樋口雅一先生 1999年、京都大学工学部工業化学科卒。2005年、同大学院工学研究科分子工学専攻 博士課程修了。博士(工学)。理化学研究所研究員、東京大学特任助教などを経て2010年から京都大学アイセムス(高等研究院 物質―細胞統合システム拠点)特定助教、アイセムス解析センターマテリアルズ部門責任者兼任。 京大発の新規材料の一つである多孔性配位高分子(PCP/MOF)の研究経験をもとに、2015年、京大発スタートアップ企業 株式会社アトミス(Atomis)を創業。幼稚園児から80歳超までの方々を対象にクイズ形式の講演会を全国で実施し、ラジオ・テレビなどのメディアでも科学や学びなどの情報を発信

樋口先生からのメッセージ

「子どもたちへのゆるぎない期待」

僕は大学でいくつかの学問を混ぜて新しいことを発見する研究の仕事をしています。ご縁あって、サイエンスゲーツを監修させて頂きました。

サイエンスゲーツは、僕にとって子どもの頃の情景を鮮明に思い出すキッカケとなりました。

小学校の頃、一ヶ月に一度、本と一緒に科学の付録が送られてきていました。カブトガニを育てるキット、紙を切り抜いて輪ゴムで遊べる小箱など。毎月変わるこの付録が待ち遠しく、届く数日前からソワソワしていました。時間が経ち、僕が付録の虜になるのを見兼ねた母親は、残酷な作戦を敢行します。宿題や部屋の片付けなどが全て終わるまで、本と付録を家のどこかに隠したのです。言うまでもなく、僕は母の作戦に毎月挑みました。作戦に挑む前に、やるべきことを終わらせていたかどうかの記憶は定かではありませんが、ある日、押し入れの布団と布団の間に本の感触を見つけた時の興奮は鮮明に蘇ってきました。

またある日、配線が剥き出しのプラグの付いたコードを近所の空き地で拾ったことを思い出しました。夕食間近、こっそりプラグを家のコンセントに刺し込みました。2つに分かれた剥き出しの配線を目先10cmのところで合わせると、小さく青い稲妻と大きく赤い閃光が飛び散りました。一瞬の出来事でした。何もなかった顔で、すぐにコードをゴミ箱に捨て、全身脂汗の状態で夕食をやり過ごしました。

皆さんも子どもの頃に、何かに熱中した経験、ヒヤヒヤした体験などあるのではないでしょうか?
そんな経験や体験を通して、学ぶことは多かったのではないかと思います。

サイエンスゲーツでは、子どもたちが様々なことを体験できるようにしました。もちろん、危険な体験はありませんので、ご安心ください。サイエンスゲーツにある物理学、化学、生物学、地学、工学とそれらを混ぜたものに散りばめられた体験を是非楽しみながら、「熱中できるモノ」を見つけて頂ければと思います。生まれた時に、「熱中できるモノ」が決まっている人はいません。誰もが体験を通して見つけているのです。

もしサイエンスゲーツで「熱中できるモノ」に出会えず、楽しむだけになったとしても、全く心配にはおよびません。サイエンスゲーツでは、体験を通して科学の知識や考え方が身に付くようになっています。そのため、学校の授業の理解を助けたり、受験の対策にもつながっていきます。
何より、身につけた知識や考え方は、いつか出会うことになる「熱中できるモノ」を楽しむ魔法へと変わっていくので、全国の各教室でのサイエンスゲーツの時間は必ず、子どもたちにとって自分のミライへの投資になっていきます。

僕が今、大学での研究生活を通して体験していることは、こんなにも科学や技術が発展しているにもかかわらず、世界には発見されるのを待っている不思議や解決されることを望んでいる課題がまだまだ数多く残っているということです。これらの不思議や課題と真剣に向かい合いながら、自分とは異なる知識や考え方の科学者たちと対策を考え行動し、毎日を楽しんでいます。

ミライある子どもたちには期待しかありません。
サイエンスゲーツを体験した子どもたちが “ミライを自分で創り続けられる人”となり、人生という冒険を仲間と楽しむことを心より望んでいます。
 

2021年3月吉日
京都大学 樋口雅一